- 進出企業に投資優遇措置 -

ベトナムのDEEP C (ディープシー)工業団地(本社:ベトナム・ハイフォン市、社長:Bruno Jaspaert)は、2019年5月11日、福岡県北九州市(市長:北橋健治)と、ディープシー工業団地に進出する北九州市の企業に対して、投資優遇などにより企業の進出支援を行う覚書を締結した。

大型インフラが次々と完成し、陸・海・空のアクセスが格段に改善している

ベトナム北部は、製造業を中心に世界中の投資家から注目されています。

本セミナーでは各分野の専門家より、ベトナム北部ハイフォンの事業環境について、それぞれの視点から最新の情報をご提供いたします。

開催日:2019年4月18日 (木)

時   間: 15:30-17:45(開場15:00、懇親会17:45-19:00)

会   場:ベトナム  ホーチミン  シェラトンサイゴンホテル&タワーズ

参加のお申込み: bit.ly/haiphonginvest

お問い合わせ : DEEP C セミナー事務局

E-mail: info@deepc-jp.com Tel: (+84) 090 159 5225

不動産大手のビングループは、ハイフォン市の中心部に高層の五つ星ホテル「ビンパール・ホテル・インペリア」と、映画館も備えるショッピングセンター「ビンコム・プラザ」を開業した

Petro Vietnamの子会社でハイフォンのDEEP C 工業団地にて合成繊維を製造するPVTEX社が2019年より生産を再開する。PVTEXは2014年5月に生産を開始したものの、2015年9月より生産が止まっていた。昨年11月に、エンドユーザーとの契約がまとまったことを受け、生産開始の準備を進めていた。

ベトナムのDEEP C (ディープシー)工業団地を運営するDinh Vu Industrial Zone JSC(本社:ベトナム・ハイフォン市、社長:Bruno Jaspaert)は、2018年11月29日、自社が運営する電力子会社DEEP C Green Energy(ディープシーグリーンエナジー)社が発行する株式の50%を、東京電力パワーグリッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子禎則、以下「東京電力PG」)が取得することに合意。東京のベルギー大使館にて、株式譲渡契約の締結調印式を行った。